名刺を持つ意義とは

ビジネスマン日本のビジネスマンにとって、名刺は必需品です。ビジネス関連のショップを覗けば、名刺入れの専門コーナーが用意されているほどの力の入れられようです。もはや、なくてはならない存在なのです。ではいったい、なぜビジネスマンは名刺を持ち歩くのでしょうか。

まずひとつに、なくてはならない当たり前の存在という事実が大きく関係しています。顔を合わせたら挨拶をする、別れ際には頭を下げる、目上やお客には敬語を使うなどなど、ごく一般的な常識とも変わらないのです。一般的な常識すらなっていないビジネスマンは、あっという間に淘汰されてしまうでしょう。名刺もまた、そんな重要性を備えているのです。

また、自分や会社をPRするための存在としても役立ちます。商品やサービスを売り込むには、まず良い印象をもたれなくてはなりません。好印象であれば覚えてもらえますし、また連絡したい、利用したいという気持ちにも繋がるでしょう。そこへきて、印象の良い名刺は、小さな広告として存在感を発揮してくれます。さらに、交換の仕方のマナーや、その際に添える言葉の内容も良好となれば、印象はさらに高まります。名刺とはただの自己紹介ツールにあらず、いちビジネスツールともいい換えられる存在なのです。